長友佑都の感動の後編!大学時代の感動エピソードや母の愛の名言も

この記事は2分で読めます

lGUJOnb6YX2wVTF1421043845_1421043905

前編では、長友佑都の生き方!面白い生い立ちや努力と涙の高校時代のまとめの特集を読んで頂いたと思います。

 

そんな厳しい環境のなかで育ち、高校時代は努力に努力を重ねた長友佑都さんの大学時代の感動エピソードや、

 

長友選手の母の愛からくる名言にこちらの後編では迫っています。

 

長友佑都さんの奇跡の軌跡。

 

そして長友佑都さんの母から、『母親の愛』がなんであるかということをきっとあなたにも知って頂ける事でしょう!

 

ぜひ最後までご一緒にどうぞ。

 


スポンサーリンク

 

まだ長友佑都さん生き方前編を読んでいらっしゃってない方はこちらをどうぞ!

長友佑都の生き方前編!興味深い生い立ちや努力と涙の高校時代の軌跡

kEdmNHWqjJ0sfao1420991306_1420991412

 

長友佑都の後編、大学時代の感動のエピソード

160名もいる東福岡高校で努力に努力を重ねて、レギュラーとして活躍も・・・

 

プロはもちろん、大学からも誘いを受けることのなかった長友佑都さんは、

 

明治大学に指定校推薦で進学。

 

もっともケガの影響もあり、大学2年の途中までは試合に出ることもできませんでした。

 

本人は、

 

「太鼓を叩いてチームメートを応援していたくらいですから(笑)」

02 

と、当時がどれだけ厳しい状況にあったかを話します。

 

この時期、実はサッカーをできないストレスでパチンコなどに溺れた日々もありましたが、

 

家族や周囲からのサポートもあり苦しい時期を乗り越えた長友佑都さんは、

 

サイドバックへのコンバートを機に一気に才能を開花させました。

 

大学選抜やユニバーシアード代表にも選出され、在学中に特別指定選手という形でプロの世界を経験。

G20140625008438250_view

「これからは、自分が経済的にも家族を支えるんだ」という強い意志の下、

 

2008年、大学卒業を待たずにプロ入りの道を選択。

 

「たくさんの人の支えがあったからこそのプロデビューだし、本当に感謝の気持ちでいっぱいだった」

 

と振り返ります。

 

そして現在は世界一のサイドバックを目指して毎日闘っています。


スポンサーリンク

 

長友佑都さんの母から学ぶ、母親の愛とは何か?

E995B7E58F8BE99C87E781BD

 

https://www.youtube.com/watch?v=GWPwFBWCvBQ

なぜ長友佑都さんは日本代表、そしてインテルで活躍するまでサッカーを諦めなかったのでしょうか?


もし、中学時代に井上先生に出会っていなかったら。
もし、ずっとテクニック重視のサッカーを続けていたら。
もし、高校時代に学業を頑張っていなかったら。
もし、大学でサイドバックにコンバートされていなかったら。

 

いまの長友佑都さんは現在いる場所には決して居なかったと思うんです。

 

でも私はこれらすべては、長友佑都さんの持つ『人間力』によってこれらのことを引き寄せてきたのだと思います。

 

人柄で・・・でしょうか。

 

最後に・・・

 

そんな超一流の人間とサッカー選手である長友佑都さんを育てた美枝さんは、

 

子育てのコツをこう語りました。

 

「言葉で命令するのではなく、自分の姿勢で感じてもらうこと。そして、自分の子どもの可能性を信じてあげることが大切」と。

 

これからもずっとずっと努力の天才である長友佑都さんを応援していきたいですね!

 

これからのさらなる活躍に期待です。

最後まで読んでくださりありがとうございました。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IXkkV68Vx545pXV1426558633_1426558856
  2. 9frPDDg9_xbyAlR1418215968_1418216061
  3. BIzGroRogBvOmKi1420626701_1420626833
  4. bLhy4w7NByxQ_Ml1421576011_1421576533
  5. 名称未設定 1
  6. MIYG90G38d2Re021420533903_1420533964
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666