魔裟斗の実際真面目な性格がモテる?名前の由来は?引退した理由も

この記事は2分で読めます

BIzGroRogBvOmKi1420626701_1420626833

格闘技が好きな方でこの男を知らない人はいないと確信しています。

 

『反逆のカリスマ』という異名で世界をとった、

元K1ファイター魔裟斗さん

 

そんな魔裟斗さんの実際の性格モテる訳

そして引退の真の理由に迫ります。

 

PS:

魔裟斗の現役復帰の可能性は?引退後の今何してる?若い頃のイケメン名言集

をまだ見ていない方はこちらをどうぞ!!

 


スポンサーリンク

 

魔裟斗の実際真面目な性格?それがモテる理由?

魔裟斗(本名:小林 雅人 こばやしまさと)さん

090401k1max-masato-1

1979年3月10日生まれ

千葉県出身

身長174cm

体重70kg

血液型はO型

 

日本人初のK-1MAX世界王者魔裟斗さん

興味があるのですが、魔裟斗さんに対してあなたはどんなイメージを持たれていますかー?

 

魔裟斗さんを全く見た事がなくて初めてみたら、『怖そう』とか『悪そう』とか『やんちゃそうー』って感じるのかなーと思います。

 

風貌やスタイルのせいもあり、ビッグマウスが批判されていた時期もありましたね。

 

しかし、実は本人の弁によるとT○Sに要請されて発言していたんだそうですよ。キャラクター作りも大変なんでしょうね。

 

実は、私の友達の友達にはなってしまうんですが、

魔裟斗さんのことをよく知っている方がいるのですが、

『魔裟斗さんと飲みにいったときの話』をしてくれて、

 

非常に真面目な青年だそうで、努力に関しては彼こそが「ミスターストイック」にふさわしい。なんてまで言っていたそうですよ。

 

a29e197c

 

本田圭佑選手といい、魔裟斗さんもルックスが良くて派手好きなので誤解されることも多いようですが、

 

本当に努力家のようですね。

 

そんなルックスが良くて派手で、でも毎日一生懸命トレーニングを積んでいるというギャップに女性ファンから引退した今でも人気を集めているそうですよ!

 


スポンサーリンク

 

魔裟斗の名前の由来は?

実は、『魔裟斗』ではなく『山海山』という名前になっていたのかもしれないらしいですよ。

 

もともと藤ジムという所にいた魔裟斗さんに、そのジムの会長が本名じゃ出世しないとジンクスがあるから、

 

魔裟斗という名前が徳川家康と同じ画で天下をとる名前だというのと、『山海山』と言う名前にしろとジムの会長に言われたらしいんです。

 

最初、魔裟斗さんは『魔裟斗』という名前を暴走族みたいであんまり良い印象もっていなかったらしいんですが。

 

今ではこの名前で良かったと言っているそうですよ!

 

明日もし改名して、『山海山』にすると言われたら笑っちゃいそうですけどね笑

 

魔裟斗が引退した本当の理由は?

魔裟斗さんが引退した理由として、アンチ魔裟斗ファンの方々は、

 

ある選手達に負けるのが怖かったなどと言われているようですが、

 

魔裟斗さんは、

「絶頂期に惜しまれつつリングを降りたい」とずっと言っていたタイプで、

当時は奥様である矢沢心さんとの子作り願望も引退に拍車をかけていたようです。

 

さらに常々『パンチドランカーになった姿を子どもに見せたくない』って漏らしていましたからね!

XsOk8IvWJfzK_1h1420626861_1420626908

それも引退の理由にあるんでしょう。

昔から、あまり対戦相手を見つけるときも逃げたりはしませんでしたからね。

これらが理由で間違いないのかなーと思います!

 

引退後の魔裟斗さんの芸能活動の様子!

は、こちらをどうぞ!!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. _OXAEPbFGQX2JxU1420688830_1420688922
  2. kEdmNHWqjJ0sfao1420991306_1420991412
  3. 名称未設定 1
  4. mSx4N51DyG_J6YQ1419579526_1419579620
  5. zzd7FRgQSLysPPy1419598620_1419598754
  6. TRVjfiTfofvriSO1421482752_1421482863
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666