葬式の休暇ってみんなどれくらい取っているの?

この記事は2分で読めます

sousiki1

家族や親戚に

不幸な出来事があった際

急遽な場合がよくあります。

お葬儀などの関係上

会社や学校などを

休まなくてはなりません

落ち着くまでどのくらい掛かるのか、

休暇申請などの日数を把握するには

どうすれば良いのか?

お葬式の大体の日程と

休暇について

詳しくお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

お葬式までの日程

Evernote Camera Roll 20160213 180346

まずはお葬式が終わって

時間が落ち着くまでの

簡単な流れを説明します。

1、御遺体の自宅移動、家中の準備

亡くなった時間に合わせて

葬儀社の方が自宅に運び込みます。

大体その日のうちに

御遺体が自宅に帰ってくる場合が多いです。

2、葬儀社との確認、打ち合わせ

どの日に葬儀をあげられるかを

葬儀社からの提案後に調整します。

亡くなった当日は

仮通夜として捉え

翌日は通夜

翌々日に葬儀という流れが多いです。

仮通夜は

近親などの所へ連絡することや

実際の葬儀の流れなど

打ち合わせに必要な日である事を

忘れないでください。

3、その後

通夜の日中の葬儀挨拶

その夜に通夜

翌日に葬儀、出棺や火葬などを行います

日程から見た休暇日数

Evernote Camera Roll 20160213 180434

出勤時や遠方からの出席

近隣や家族内での関係によって

当日か翌日以降に駆け付ける場合が

変わります。

 

付き合いの度合いと

タイミングが非常に大切です。


スポンサーリンク

そこから失礼のないような

休みの取り方をするなら
通夜の夜と葬儀の日中は

最低限お休みすることが良いと思われます。

 

それらも含めた休暇日数

忌引きとして扱われる

一般的な日数は次の通りです。

10日間…配偶者

7日間…父母

5日間…子

3日間…祖父母、兄弟姉妹、配偶者の父母

1日間…叔父叔母、孫、配偶者の祖父母、配偶者の兄弟姉妹

これはご自身と

亡くなった方との関係性で

行政的手続きなどの

考慮をふまえての数字です。
会社によって

忌引きの日数が定められている場合が

多いので

しっかり確認をしときましょう。

まとめ

休暇日数といっても

近親であればあるほど

やることはたくさんあります。

 

ですから、

あまり休暇と呼べるものでは

ありません。

 

一般的な休暇日数も

就業規則を見直して

慶弔休暇自体があるのかを

必ず確認しましょう。

 

ない場合は

有給休暇としての扱い方によるものと

思われます。

 

担当者に確認しましょう。

亡くなった方との時間は

その時が最後の機会です。

Evernote Camera Roll 20160213 180500

大事な場面に合わせられるように

しっかりと休暇日数を

把握しておきたいですね。

 


スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 111
  2. delivery
  3. 555
  4. 111
  5. 222
  6. onaratitle
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666