おならの音には原因が!どうしたら音が消える?

この記事は2分で読めます

onaratitle

人間は必ずおならをするものですが、

人前など大事な場面でしてしまうのは困りますよね。

 

我慢をしていても、耐えきれずに

大きな音が出てしまった経験はありませんか?

 

恥をかかないために我慢をしていても、

出てしまった時の恥ずかしさは大きいです。

 

そこで、

そのおならが大きく出てしまう原因と、

どうしたらその音が少しでも聞こえにくく、

消えてくれるかを解説します。

 


スポンサーリンク

おならの音が大きい原因とは?

onara2

1、空気の取り込み過ぎ
おならは空気とガスの2種類で構成されていますが、空気は呼吸や飲食時でも空気を飲み込んでいます。

胃腸で吸収されない場合に、おならとなって排出される可能性が高いです。

ガスは濃度が高く分量は少ないので、ガスのみでは大きな音は出にくいのです。

 

2、お尻の中を締めている
おならの量は個人で決まっているので、

お尻の中を締めることで出口が狭くなります。

 

その狭い出口から一気にガスが放出されるので、

大きな音が出てしまいます。

 

肛門部分の筋肉を緩める事を意識して、

お尻の中を開くイメージですれば、

最小限の音になります。

 

3、我慢のしすぎ
単純ですが、

意識的に我慢すればするほど

大きな音が出がちになります。

 

程度で身体に吸収されていきますが、

身体に悪影響なので決してよくありません。

 


スポンサーリンク

おならの音を消す方法とは?

onara1

1、手でお尻を広げる
左右のお尻を強く広げると、

肛門の筋肉を意識しなくても

音を小さくすることができます。

 

さすがに人前ではやりにくいと思われますので、

トイレの個室などでする際などに活用してください。

 

2、椅子を使う
椅子に座った状態から

以下の通りに行っていきます。

 

身体を左右どちらかに傾け、

左右のお尻のどちらかを椅子と密着させます。

 

椅子で片方のお尻を固定し、

お尻を広げて腰をくの字に曲げます。

 

自然にガスが抜けますが、

出ない場合は少しお腹に力を入れてください。

 

顔に出さず、

平然と澄ました様子で

するのがオススメです。

 

慣れ次第では座り方など、

動作の最中にガスを出すことが可能になります。

 

まとめ

お腹と筋肉の使い方次第で、

ほぼ無音ですることも可能です。

 

一気にガスを出すのではなく、

少しずつ排出するのが大切です。

 

おならの我慢は健康の維持によくありません。

 

最小限の音でおならを出せば、

自分にも周りにも迷惑や影響を与えることがありませんし、

逆に我慢のし過ぎが迷惑を被る場合もあります。

 

自然現象にすぎないおなら、

自分に合っていた原因と方法を確認しましょう。

onara4

以上、おならについてでした。

超人気女優、上戸彩のかわいい化粧の仕方や愛用香水、キスシーン画像集!

綾瀬はるかの人気理由はかわいい性格と美肌?

見たい方はこちらをどうぞ!!


スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. goham
  2. 111
  3. 0qkPZCjEvQUXj061420547177_1420547259
  4. 111
  5. title
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666