キリストの誕生日はクリスマスじゃない!?本当の誕生日はいつ?

この記事は3分で読めます

kirisutooooo

クリスマスはキリスト教のお祭りでありますが、

イエス・キリストとの関係で浸透しているのが

誕生日である?ということ。

 

日本の宗教とは関係はありませんが、

クリスマスというものは

日本人にとっても特別感があります。

 

しかしただの平日という意見もあるように、

多くの人が勘違いをしている、

クリスマスはキリストの誕生日という説。

 

実は違うのです、

キリストの誕生日はクリスマスでなくて

違う日だったのです!

 


スポンサーリンク

 

クリスマスはキリストの誕生日じゃない!?

 

kirisuto2

 

イエス・キリストの誕生が西暦1年と

捉えている方が多いですが、

西暦はキリスト教を開いた年にすぎません。

 

クリスマス、12月25日の誕生日は

ミトラ神の誕生日と言われています。

 

ミトラ神はギリシャ神話アポロンの神格、

光や正義、不滅の太陽を現していて、

そのミトラ教は当時の中心的な古代宗教でした。

 

キリスト教は反対に弾圧されていましたが、

ミラノ勅令によって信仰の自由化が実現しました。

 

公認されてから布教活動を広げ、

ついにはミトラ教の主神ミトラ神の

誕生日を乗っ取るまでになり、

ミトラ教は消滅しました。

 

それが現代まで伝わり、

12月25日はキリストの生年月日である

という名残になりました。

 

正式的に定められたのは、

4世紀半ばにコンスタンティヌス帝統治下の

ローマ帝国ではないかと言われています。

 

太陽神を祭る祝祭日を12月25日にしており、

キリスト教の浸透を願って、

この日を降誕日にしたという話もあります。

 

また、

西暦350年にユリウス1世がキリスト教へ改心させるために、

キリストの誕生日を12月25日と宣言したという話も。

 

いずれにせよ、

キリストの誕生日は創られたものであることがわかります。

 


スポンサーリンク

 

キリストの本当の誕生日はいつ?

 

kirisuto3

 

キリストの生年月日は、

実は新約聖書にも記載されておらず、

あやふやなものが多いです。

 

その中で有力な説がいくつかあります。

 

1、西暦4年の秋
生存したパレスチナ地方で、

夜通しで家畜をする遊牧民の記録があり、

それが可能なのが雨季ではない4月〜10月だったそうです。

 

聖母マリアの馬小屋出産で有名ですが、

寒さの危険で12月以降の確率は低く、

有力は10月ではないかという説です。

 

2、紀元前7年9月15日
新約聖書の中に、

ベツヘレムという見たことのない星が記載されていますが、

キリスト誕生後に、

土星と木星の稀な天体現象から見解した説です。

 

3、紀元前2年6月17日
2のベツヘレム星が、

木星と金星の天体現象であって、

重なった瞬間であるという説です。

 

4、紀元前12年
ハレー彗星がベツヘレム星で、

3の出来事が起こったという説です。

 

どれにせよ、

現在までキリストの生年月日は正確にはわかっておらず、

新発見がない限りは謎のままであるということです。

 

まとめ

 

そもそも西暦が考え出されて、

新約聖書の文章からキリストの誕生日を計算していますが、

その計算方法が間違いであるという見方が多いです。

 

正確にわからないことで、

祝祭日であった12月25日をキリストの誕生日として、

毎年祝い続けているのでしょう。

 

日本人に所縁はなくても、

現代そして未来まで続く

特別な日であることには変わりはありません。

 

その日をどう過ごすかは、

世界中でそれぞれ違った風習もあります。

 

kirisuto4

これらを知った上で、あなたらしい特別な1日を送ってみてはいかがですか?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 555
  2. 666
  3. 111
  4. 555
  5. 333
  6. 111
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666