オフサイドとは!?複雑なルールも簡単に解説!

この記事は3分で読めます

title

近年、家族や友人達と

サッカー観戦をする機会が

増えましたよね。

 

国際試合や日本代表の選手の

試合などを見る際には、

つい熱くなって応援したくなります。

 

その場合に、テレビ中継などでも

たくさんの人が見ていますが、

中にはルールがあやふやで、

せっかくの楽しさがなくなってしまっている人も…。

 

そこで今回は、ルールの中でも

重要なオフサイドについて、

様々な場面を通じて解説します。


スポンサーリンク

サッカーでのオフサイドとは?

1

 

まずルール内で簡単に言えば、

待ち伏せ禁止ルールです。

 

待ち伏せが可能であれば、

ゴール近くにいてすぐに

点数が入ってしまいますよね。

 

それだとパスやドリブル、

ディフェンスとの駆け引きなどの、

サッカーならではの魅力がなくなってしまいます。

 

ここで大事になってくるのが、

オフサイドのラインです。

 

ほとんどの場合は、

キーパーを除いたディフェンスの

一番後ろの選手に、

線が引いてあると思ってください。

 

この選手の線(オフサイドライン)より、

ゴール側の位置にオフェンスの選手がいる場合、

その選手に対しパスを出した瞬間に、

オフサイドのルールが適用されます。

 

攻撃側は攻撃が終了して、

相手側に直接ではない

フリーキック(GKなどが蹴る)が与えられます。

 

従ってディフェンスの最終線で

ボールが持ち続けられて、

パスと同時に技術や

せめぎ合いで勝負を分けるんですねー。

 

これらがオフサイドの基本で、

大体のプレーはこんな感じなのですが…

それを崩すプレーをする選手もいます。


スポンサーリンク

複雑な場面でのルールを解説!

a football judge with red card

 

1、マイナスパス
オフサイドの条件は、

ボールより前に位置することです。

 

ドリブル突破などで

ディフェンスの最終線を越えると、

ラインはそのボールの位置になりますね。

 

なのでボールより後ろの選手への

パスはオフサイドにはなりません。

 

しかし、ボールキープの選手より

前線にいる味方の選手が、

オフサイドのラインから戻って

パスを受けた場合はオフサイドとなります…

 

残念ながら、滅多にないですが。

 

2、全員が相手陣内へ
GKを除く相手選手が、

全員味方陣内に入っている場合には、

真ん中のハーフラインが

オフサイドのラインとなります。

 

ハーフラインより手前であれば、

最もゴールに近い選手に

パスを出してもオフサイドにはならず、

相手陣内にいる場合はオフサイドとなるようです。

 

3、リスタートプレイ
スローイン、コーナーキック、

ゴールキックからはオフサイドの

ルールが適用されません。

 

ラインは関係ないので、

どこでも選手は可能です。

 

4、ボール自体に関わるか
プレーに干渉するとオフサイドになりますが、

ボールに触れなければオフサイドではありません。

 

しかし相手の選手を邪魔したり、

シュートしたボールがゴールポストに当たったり、

キーパーがセーブしたあと跳ね返ったボールを、

元にオフサイドポジションにいた攻撃の

選手が触れるとオフサイドになります。

 

また相手ディフェンスの選手が、

パスやシュートを意図的にクリアしたが失敗、

元の相手にボールがいった場合は

オフサイドにはならないです。

 

ディフェンスの重要性が

より一層強く感じられますよね。

まとめ

4

 

オフサイドに関しては、

2013年にルール改定もあって、

現在のルールがあります。

 

これらを知っておくだけでも、

重要なラインでの駆け引きが

より分かるようになりますし、

試合を見る一つの鍵を握るかもしれませんね。

 

複雑なものもありますが、

基本さえ覚えておけば

楽しめること間違いなし!

 

サッカーは英国から生まれた

紳士的なスポーツですから、

オフサイドのない卑怯なやり方を

無くしているのでしょうね。

 

次回のサッカー観戦からは、

ディフェンスラインにも注目して、

スター達の攻防を楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 222
  2. 222
  3. 333
  4. 555
  5. 名称未設定 1
  6. 999
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666