銀行印を確認する方法!通帳があれば平気ってホント?

この記事は2分で読めます

111

キャッシュカードの流通によって、

銀行でお金の出し入れ方法が

変わってきていますよね。

 

その中で、どの印鑑を銀行印として

提出していたか忘れてしまう

なんてことがあるかもしれません。

 

実際に銀行の窓口で

取引をする時に分からないと、

困ったことになりかねません。

 

また分かっていても紛失してしまった、

なんてこともありますからね。

 

そこで今回は、

銀行印の確認や手続きの方法を

詳しく解説します。


スポンサーリンク

銀行印を確認する方法とは?

15

まず、事前に必要なものを

用意しときましょう。

 

必要なものは以下のものなどです。
・手持ちにある印鑑全て
・口座の通帳(確認したい分)
・身分証明書
これらを準備して、

銀行の預金窓口へ行きましょう。

 

他の支店は要確認ですが、

口座を開設した支店へ行くのが一番良いです。

 

諸事情で口座の開設先と引き落としの登録などが

異なる場合もありますが、

大手の銀行ならほぼ問題はないようです。

 

窓口では銀行印を確認したいと伝え、

本人確認→通帳提出→印鑑

全てを渡す流れで確認が取れます。

 

また代理人にお願いする場合は、

自身の身分証のコピーに代理人の身分証明書、

そして委任状が必要となります。

 

委任状は白紙に直筆で、

私は代理人に任せますという内容と、

年月日と住所、自身のフルネームに押印をつけて、

封筒に入れて代理人に渡しておきましょう。

 

手持ちの中に銀行印がある場合は、

身分証明書さえあれば大丈夫なようですが、

念には念をですので要確認が大切です。


スポンサーリンク

紛失した場合はどうすればいいの?

16

確認した中に

銀行印がなかった場合は紛失扱いとなって、

新しい印鑑の登録をする必要があります。

 

その前に自身の悪用を防ぐために、

必ず銀行への電話をして、

銀行印使用の一時停止をしてもらいましょうね。

 

新しい印鑑の登録に必要なのは以下のものです。
・通帳
・銀行印にする印鑑
・身分証明書
これらを準備して手続きを行います。

 

代理人に任せる場合は

本人確認が厳重になって、

書類の不備等があれば却下されてしまいます。

 

予め銀行に確認をとることが大事ですが、

代理人にも負担がかかりますので、

やはり本人が直接窓口へ行くべきですね。

 

銀行によっては時間が掛かりますが、

約1〜2週間程と思ってください。

 

この期間は窓口での手続きは不可ですが、

ATMなどは引き続き可能ですよ。


スポンサーリンク

まとめ

銀行印がどれかわからなくならないために、

わかりやすい形などの

印鑑にするのがいいかもしれません。

 

紛失に至っては、

プライバシーにも手続きにも

時間が掛かり影響が大きいですから、

通帳など大切なものと一緒に保管をするなど、

しっかりとした対策を。

 

なにより銀行で必要なものの管理を徹底して、

今後に困らないようにしてくださいね。

 

こちらの記事も一緒に読まれています。

オフサイドとは?わかりやすく解説!

コンビニが家のプリンター代わりに!

もしかして病気?鼻血が朝に出る原因と対処方法まとめ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. title
  2. ikasuuuuu
  3. 666
  4. 999
  5. 111
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666