猫の盛りに鳴き声がうるさい?究極の対処法5選!

この記事は3分で読めます

222

猫の鳴き声がとてもうるさい時がありますよね?

それって発情期の真っ最中なんです。

 

その発情期を経験した人はもちろんのこと、

何度か経験済みの人でもとても困ります。

 

発情するならさせなければ良いのですが、

その主な対策が避妊・去勢手術と言われています。

 

しかしこれには注意点があって、

簡単なものではありません。

 

そこで今回は、

うるさい鳴き声の理由や注意点を含めた、

手術以外の対策法をご紹介します。

 


スポンサーリンク

 

鳴き声がうるさい理由と手術の注意点とは?

10

簡単な原因は、

 

メス猫がオス猫を惹きつけるために鳴き、

そのメス猫の鳴き声にオス猫が応えて、

またメス猫が応えている、

 

この繰り返しです。

 

猫は夜行性なので、

夜中から鳴き出すことが多いのはそのためです。

 

人間の生活スタイルに合わせると、

夜に寝ることもありますよ。

 

そして究極の対策である

避妊・去勢手術について、

いくつか注意が必要です。

 

まず手術をした後も、

すぐには効果は出ません。

 

半年ほど様子を見ることになりますよ。

 

また生後6ヶ月からでないと、

手術を受けることが出来ませんので、

発情期の予測することが大事です。

 

主に発情期は最短で、

メス猫が生後3ヶ月、

オス猫が生後12ヶ月になります。

 

発情中に手術は基本的に無理ですが、

獣医との相談では変わってきます。

 

その前後に一度発情を経験している場合は、

手術をしてても発情期の行動をとる可能性も。

 

時期予測をしっかりして、

半年前に受診するのが大切ですね。

 


スポンサーリンク

発情期の鳴き声対策法!

11

1、シャワーをかける

 

これによって、

猫は毛づくろいをするのですが、

その間は静かになります。

 

しかし毎回シャワーをすると、

猫にとってはストレスになりますね。

 

2、マタタビを与える

 

マタタビで恍惚状態にさせることで、

発情行動を抑えることができます。

 

猫によって効果は疎らなので、

あまり長くはもたないのが難点です。

 

だからといって何回もあげると、

呼吸困難を引き起こす

可能性もあるので要注意ですよ。

 

3、綿棒を使う

 

綿棒を猫の膣に入れて少し刺激を与えることで、

交尾をしたと勘違いさせる方法があります。

 

ただ膣壁を傷つける恐れもありますので、

事前に獣医に聞いたり、

経験者の指示ありでやりましょうね。

 

4、睡眠導入剤の使用

 

動物病院で睡眠導入剤を処方してもらい、

夜の間はしっかり寝てもらうようにします。

 

ただ飲ませ過ぎると副作用などを起こし、

効果の時間も短くなってきます。

 

あまり頼り過ぎると危険な方法ですね。
5つとも決定的な対処法ではないのです。

 

まとめ

猫を飼うあなたが、

どうしたいかで方法や方針も変わってきます。

 

完全に室内で飼う、

子猫は作らせないというなら、

避妊・去勢手術を勧めます。

 

そうでなければ

互いにストレスが溜まるだけですからね。

 

この手術は鳴き声対策だけでなく、

生活ライフにも大きく影響します。

 

もしかしたら、

後に子猫も育てる場合もあるかもしれません。

 

その覚悟を持ってくださいね。

捨て猫には絶対にしない!

 

それを考えると、

手術の抵抗は無くなるはずです。

 

5つの対策も含めて、

より良い猫との生活をしてくださいね。

 

こちらの記事も読まれています。

芸能人の年収超最新版!意外なあの人がトップ10に!?

嵐のコンサートチケット2016!最新おトク情報を大発表!

ご飯のカロリーは1合で!ダイエットに1番いい食事とは?

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. goham
  2. 111
  3. yGl4eO58y_kvRFl1453428777_1453428925
  4. 111
  5. 111
  6. Sun6bXbvbpkaF0E1449910553_1449910977
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666