警視庁と警察庁の違いは?結局何が違うの?

この記事は4分で読めます

222

日本の平和と安全を守る警察組織。

 

どんな地域でも欠かせない存在でありますが、

警察組織の中でも様々な種類があります。

 

その中の似たような名称で、

警視庁と警察庁があります。

 

大きな組織であるということはわかりますが、

何が違うのでしょうか?

 

そこで今回は、

警視庁と警察庁の違いについて紹介します。

 

〇〇の違い記事総集編!

「づつ」と「ずつ」どっちが正しい?違いってなに?

地震の震度とマグニチュードの違い!

「生かす」と「活かす」の違い?知らないと損する理由とは?

「怖い」と「恐い」の違いとは?知らないを知ってるに!

北極と南極はどちらが寒いの?○極の方が寒い理由って?

 


スポンサーリンク

 

警視庁と警察庁の違いは?

3

 

まず、警察はどのように

動いているかがわからなければいけません。

 

テレビのニュースなどで、

県警などの表現を使っていますよね。

 

日本の警察の体制では、47都道府県ごとに、

その県をまとめる県警(府警、道警、警視庁)を設置しています。

 

お住まいの近所にも、

警察署というのがあると思います。

 

それらの複数の警察署を取りまとめているのが、

県警、警視庁などになります。

 

つまり、警視庁については、

日本にある47都道府県のうちの、

東京をまとめている地方機関のひとつとなります。

 

その警視庁については、東京の治安維持や、

東京内で起きた事件の捜査、犯罪者の逮捕などを行います。

 

つまり実働部隊ということになります。

対して、警察庁はどのような機関なのか。

 

警視庁が東京の警察なのに対して、

警察庁警察全体の防犯対策や、

刑法の運用、規則の作成などを行っています。

 

事件が起きたときに、実際に犯人を捕まえたり、

現場に行ったりすることはありません。

 

その代わりに、

各都道府県の警察の管理をしています。

 

警察庁で働くということは、

国に使える国家公務員となります。

 

警視庁で働くということは、

お給料は東京から出る地方公務員となります。

 

よく、キャリアやノンキャリアと

いう言い方をしたりしますよね。

 

これは、警察庁で働いている人、

または警察庁から出向している人を

キャリア組みと言います。

 

そして、警視庁で働いている人を

ノンキャリアのたたき上げと言ったりします。

 

ではなぜ東京だけ、東京都警と言わずに、

庁を名乗っているのでしょうか?

 

東京には何があるかというと、

まず首都ですよね。

 

日本を指揮する総理大臣が霞ヶ関に在住、

皇居に天皇も住んでいます。

 

警視庁は他の県と同様に、

東京都の本部であるのにプラスして、

首都を警護するという重要な役割を担っています。

 

それがゆえに、地方の県警、

警視庁、警察庁で、どこで働いているかによって

階級に差が出てきます。

 


スポンサーリンク

 

警察の階級での違いは?

2

 

警察の階級についても、

違いが様々あります。

 

警察での役職は、完全縦割りで、

それぞれのポストの席数も決まっています。

 

地方公務員試験に合格すると、

警察官の巡査からスタートします。

 

国家公務員試験に合格すると、

国家公務員となって警察庁に入庁します。

 

いわゆる、先程のキャリアというやつですね。

 

このルートで警察に入ると、

その時点で、役職は警部補になります。

 

ちなみに、採用人数は年間20人くらいで、

エリート中のエリートなんです。

 

もちろん地方公務員からでも、

警察学校で学んで警察官になることも出来ます。

 

先程の現場からたたき上げってやつですね。

しかし、ポストの席数が決まっています。

 

巡査から国家公務員である、

上のポストを目指すのは、

かなり大変なことなのです。

 

一番偉いのは、警視総監となります。

そして、警視総監は、警視庁のトップなんです。

 

実は警視庁は他の県と比べて、

ちょっと特殊な状況にあります。

 

組織図的には、他の県と同じ立ち位置なのに、

やたらと権力があります。

 

それはなぜか、それがまたアレなんです。

作られて以来の長い歴史と、

首都、東京を守るという重大な役目があります。

 

でた!またそれかい!って感じですが…。

 

その重要性と規模から、

警視総監には大きな権限と地位があります。

 

他の県警のトップは警視監までですが、

警視庁のトップがさらに一つ階級が上なのは、
このような事情があるから。

 

また、階級上は警視総監が一番トップとなりますが、

その上にはさらに偉い警察庁長官がいます。

 

警察庁長官は逮捕を指揮したりするような

現場の権限はありませんが、

都道府県警察に対して指揮監督権限を持っています。

まとめ

 

違いがわかりましたでしょうか?

結局は次の通りになります。

 

警視庁は東京の警察をまとめている機関で、

警察庁は全国の警察をまとめている機関。

 

ただし、規模で言うと東京を

管轄している警視庁はとてつもなく大きいです。

 

イメージの違いとしては、

警察庁が仕組み作りのプロフェッショナルで、

警視庁が現場のプロフェッショナルという感じですね。

 

一言に警察といっても、実にさまざまな組織があります。

人生に一度はお世話になると思いますから、

よく知っておきましょうね。

 

オススメ記事!

西内まりやは運動神経がすごいモデル?彼氏情報は?上手い歌動画も

お台場のデートプランが熱い?超人気ランチやディナーとお土産情報

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 666
  2. 111
  3. 111
  4. 名称未設定 1
  5. 111
  6. 222
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

バレンタインの過ごし方迷っているならこれ!

バレンタイン 成功 格安

おすすめカテゴリー記事

  1. 555
  2. 333
  3. 222
  4. 111
  5. 666